【全-jp】ヘッダーコンテンツ(スマホ)

森ヒルズリート投資法人 証券コード:3234

MENU

【サステナビリティ】H1

サステナビリティサステナビリティに関する方針

サステナビリティに関する方針

森ヒルズリート投資法人及び森ビル・インベストメントマネジメント株式会社(資産運用会社)は、森ビルグループの都市づくり理念である「Vertical Garden City: 立体的な緑園都市」を理想とし、「環境」・「BCP」・「資産価値の維持向上」に配慮した不動産投資運用を行います。
サステナビリティの推進に関しては、資産運用会社において組織された「サステナビリティ推進チーム」により、年度毎に策定する「サステナビリティ推進プログラム」に基づき実施しています。

項目別の方針概要

「環境」
  • 都市と自然との共生の推進(緑化推進等を通じた小自然の創出)
  • 都市の低炭素化の推進(エネルギー効率の高い各種システムの導入等)
  • 資源循環の推進(3R 活動:Reduce, Reuse, Recycle)
「BCP」
  • 耐震性、防災備蓄倉庫、非常用電源等のハード面の充実
  • 災害時の物件管理体制等のソフト面の充実
「資産価値の維持向上」
  • 質の高い不動産への投資
  • 適切な資産価値向上工事の実施
「共通事項」
  • 法令適応と管理体制の整備
  • サステナビリティ教育・啓蒙活動の実施
  • サステナビリティ情報の開示

環境に関する方針

1. 都市と自然との共生

都市を立体的に活用、地表面に自然と人間が親和する小自然を作り出し、鳥のさえずりや虫の音が聞こえる、潤いある緑溢れた空間を創出します。その空間を通じて人々の環境コミュニティを醸成します。

2. 都市の低炭素化

多彩な都市機能を立体的に複合させたコンパクトシティに、エネルギー効率の高い各種システムをマッチングし、環境効率性に優れた都市を実現します。「都市」のトータルかつ高品質なマネジメントにより、運営を通じた低炭素化への努力を継続します。

3. 資源循環

3R活動(Reduce, Reuse, Recycle)を推進し、資源循環型都市の形成を目指します。

4. 法令適応と環境管理体制の整備

環境関連法規制の動向を常に注視し、その変化に適応します。また、環境推進活動の継続的改善のため、環境管理体制を整備しこれを維持します。

5. 環境教育・啓蒙活動の実施

環境推進活動の実効性を上げるため、従業員への環境教育・啓蒙活動を実施します。また、施設利用者に対しても施設を通じた環境啓蒙活動を実施します。

6. 環境情報の開示

環境理念や方針、環境活動情報などの情報開示に努め、社会とのコミュニケーションを図ります。

森ヒルズリート投資法人
森ビル・インベストメントマネジメント株式会社

【全-jp】ボトムナビ(3階層目)

ページトップへ

【全-jp】フッターボトムリンク